活動日記

■産後ケア事業が始まります!■

2015年8月25日命を大切にするまち子どもが主役になれるまち

横須賀市では、10月1日から産後ケア事業を開始します。

赤ちゃんを出産した直後のお母さんには、子育ての喜びはもちろんたくさんあると思いますが、一方でたくさんのストレスもあるそうです。
家族から十分な家事や育児のサポートが得られない、初めての子育てに不安を感じている、地域で孤立してしまってる、授乳のタイミングや夜泣きへの対応がよくわからない・・・などなど、男性の私でも、そのストレスは相当なもの、と感じます。

今回スタートした産後ケア事業とは、産後4か月までの間、市内の助産院で専門的なケアや育児サポートを提供する取り組みです。この事業を利用することで、育児不安を早期に解消し、安心して子育てできるようになることが目的です。具体的には、日帰りの「デイケア」、夜間のみの「ナイトケア」、宿泊できる「ショートステイ」の3タイプのサービスをご用意しています。

特に「ナイトケア」は、寝不足などにより体調を崩しやすいこの時期、夜間に十分な休養をとっていただくために授乳のサポートなどを行うという県内初の取り組みで、全国的にも珍しい(おそらく初めての!)、横須賀市独自のサービスです。

今回の事業実施にあたっては、助産師の皆さんの存在がほんとうに大きいです。これまでも生まれたばかりの赤ちゃんがいる家庭を訪問する「こんにちは赤ちゃん事業(新生児訪問)」では、ほぼ100%のお母さんへアプローチしているのも、助産師の皆さんのおかげですが、こうしてまた一つ「妊娠から子育てまで切れ目のない支援」が実現しました。

これらのサービスは、必要に応じて単体で利用することも、組み合わせて利用することもできます。サービスの利用については、母子保健コーディネーターがお手伝いしますので、安心です。ぜひ、産後ケアをご利用ください!

横須賀市産後ケア事業の詳細はこちら↓
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3440/documents/sangokeachirasi.pdf

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ