活動日記

■横須賀市と三浦市が消防を広域化します!■

2015年11月18日災害対応

このたび、横須賀市と三浦市は、両市のさらなる消防体制の強化と消防行政の効率化を図るため、三浦市から横須賀市への事務を委託する方式により、消防を広域化することで合意に至りました。

既に、横須賀市と三浦市は平成25年4月から消防指令業務の共同運用を開始していますが、この、指令の共同運用から消防全体の広域化へと移行することは、全国で初めての取り組みです。

広域化の最大の効果は、特に消防力が希薄であった市境において、災害発生時には両市の消防力を集結でき、市域にとらわれない対応ができることです。また、重複する施設や車両を両市で整備していくことで、財政的な費用効果も期待できるなど、双方にとって様々なメリットが見込めます。

先日の記者会見には、三浦市の吉田英男市長にお越しいただき、事務委託規約の調印式をさせていただきました。
DSC_0364

また、広域化実現に向けて様々なご協力をいただきました、神奈川県安全防災局の和田久局長にもお越し頂きました(向かって左端)。
DSC_0347

消防広域化を契機に、横須賀と三浦市がこれまで以上に連携を密にし、両市民の安全・安心のまちづくりに努めていきたいと思います!

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ