活動日記

■遠藤オリンピック・パラリンピック担当大臣が横須賀市を視察されました!■

2015年12月25日スポーツ・文化

先日、遠藤利明・東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣が横須賀市のナショナルトレーニングセンター拡充施設の誘致候補地(Y-HEART計画地)を視察されました!

「ナショナルトレーニングセンター」(NTC)は、世界レベルで活躍することができるスポーツ選手を育成強化するための施設のことで、日本オリンピック委員会(JOC)では、NTC拡充施設の建設を国に要望しています。横須賀市は、日本のスポーツ振興に大きく貢献したいとの強い想いからNTC拡充施設の誘致を決意し、「ナショナルトレーニングセンター拡充施設・横須賀誘致委員会」を平成26年6月2日に発足させ、横須賀市の交通アクセスや自然環境の良さなど、候補地として非常に有望な条件が整っていることをアピールしてきました。

今年の8月6日には、誘致委員会として遠藤大臣に「ナショナルトレーニングセンター拡充施設の神奈川県横須賀市への設置に関する要望書」を直接提出しました。このとき、竹内会長から「ぜひ現地をご覧いただきたい」という要請があり、遠藤大臣が現地視察に興味を示していただきまして、この度、横須賀市視察が実現しました。

つまり、今回の視察は、誘致委員会会長の竹内英明・横須賀市体育協会会長、副会長の板橋衛・市議会議長、そして、誘致委員会顧問の小泉進次郎・衆議院議員、古屋範子・衆議院議員、黒岩祐治・神奈川県知事の皆さんのパワーによって実現に至ったわけです。大臣に横須賀の空気を肌で感じていただきながら、全員で横須賀のポテンシャルや横須賀に設置する意義といったことを、PRさせていただきました。
DSC_1271

DSC_1326

遠藤大臣には、大変お忙しい中横須賀のためにお時間を割いていただいたことに大変感謝しています。この施設の誘致が成功すれば、横須賀が世界で活躍する日本選手の育成に大きく貢献し、そのことが市民の元気を呼び起こし、若い世代の夢をはぐくみ、地域の活性化に大きく貢献してくれると信じていますので、今日の大臣のご視察を誘致実現につなげられるよう、これからも“オール横須賀”で、頑張っていきたいと思います!

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ