活動日記

■市職員の業務改善コンクール開催!■

2016年2月10日市役所(市民の役に立つ所)

横須賀市役所では、「市民サービスの向上」、「事務・作業の能率向上」、「経費の節減・収入の増加」を目指して業務改善を行っています。今年も、毎年恒例の「業務改善コンクール」が開催されました。コンクールは、1次は書類、2次は公開プレゼンテーションで審査が行われる「一般応募型部門」と、職員の任意投票で審査する「簡易応募型部門」の二つに分かれ、先日、一般応募型部門の2次審査に私も審査員として出席してきました。

特に一番良かったのは「町内会・自治会のエリアを地図データにする」という提案でした。町内会などのエリアは「何丁目何番地」という形で綺麗に区切れているわけではありません。これまではそれを紙の地図に落として管理していたのですが、正確に場所を把握したい場合は一つしかないその地図を確認しに行かなければいけませんでした。それをデータにして共有できるようにしたことで、管理も確認も容易になったという提案です。「なんで今までなかったんだろう?」という疑問も生まれますが、それに気付けたのがまさに「カイゼンマインド」だと思います。

29件の応募の中から残った9件のプレゼンに対し、私も真剣に審査しました。事前に書類には目を通していましたが、やはり実際に現場の職員の声、身振り手振りによるアピールを目の当たりにすると、驚きや感心の度合いも大きくなりました。今まで個人で解決していたものをチームで解決する方向に持って行く改善、特許がとれるのではないか? と思うくらい面白い改善、点数には反映されないものの素晴らしいプレゼン力が光った改善など、どれも意欲と工夫に富んだ、素晴らしい提案だったと思います。

写真は、プレゼンの様子です。職員の生き生きとした姿を見れたのも本当に楽しかったです。
業務改善 060
 業務改善 066
業務改善 077
業務改善 079

提案の内容と審査の結果は、後日市のホームページでも公開されますので、ぜひご覧いただきたいと思います!
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0250/hp_kaizen/index.html

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ