活動日記

■横須賀で事業用ドローンフィールドをオープンしました!■

2016年11月7日横須賀バレー構想

■横須賀で事業用ドローンフィールドをオープンしました!■
~首都圏で初の飛行高度150mの飛行空域を約4万㎡もご用意!~

小型無線ヘリコプターの『ドローン』は、災害現場での災害調査、遠隔地への物流や空撮、携帯電話などアンテナの代用など様々な活用や幅広い産業への波及が期待される新産業として注目をされています。

そこで横須賀市では、このドローンを新たな主要産業とし企業集積を進め、市内の経済活性化を目指し、ドローンフィールドを新しく開設しました。
詳しくはこちら→https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4421/drone.html

横須賀のドローンフィールドですが特筆すべきは、その広さと飛行可能高度です。飛行可能面積は約4万㎡で、これはわかりやすく例えると東京ドーム1個分にちょっと足りないくらいです。また、飛行可能高度は150mまで飛行可能で、これは、現状の法令上で飛行可能な最高高度となっています。フィールドの周囲には住宅等もなく、騒音や落下事故の危険性はほとんどありません。
また、フィールドまで横浜横須賀道路の衣笠インターから車で約10分、研究機関が集結しているYRPからも同じく約15分と、アクセスの良さも売りとなっています。

さらに! 当面の間、このフィールドは『無償』で提供していく予定です。今回、横須賀市が提出した地域再生計画が国の地方創成応援税制(企業版ふるさと納税)の認定を受け、市内の経済活性化を目指し開設しました。無償とすることで是非とも多くの事業者、研究機関に活用していただき、ドローンを横須賀市の新しい主要産業にしていきたいと考えています。ですので、まずは市内でのインキュベーションに主眼を置いていて、利用の対象を市内に事業所を持つ法人などに限定しています。

首都圏で、これだけのドローンフィールドをご用意しているのは横須賀市だけです! フィールドの草刈はすでに完了しています。これを機会に横須賀市で新たなドローン産業を開拓しませんか?

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ