活動日記

■ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会の開催が正式決定しました!■

2017年1月9日スポーツ・文化

■ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会の開催が正式決定しました!■
~2017年5月11日(木)~16日(火)6日間での開催です!~

ついにウインドサーフィンワールドカップの横須賀での開催が決定しました。先日、大会実行委員会として正式にPWA(ウインドサーフィンのプロ選手の国際団体)と大会開催に関する契約を取り交わすことができ、開催決定の記者会見を行いました。
大会名は「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会」で、開催日は今年5月11日(木)~5月16日(火)です。記者会見の様子はこちら→
161220_wwcyokosuka01
_

記者会見には、大会実行委員として、私のほか、篠辺修全日空代表取締役社長と原田一之京浜急行電鉄取締役社長、長谷川浩日本ウインドサーフィン協会会長、國重正雄神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター所長に加え、本日から新たに実行委員会副会長になっていただいた吉田英男三浦市長が出席しました。また、今大会に出場を予定している選手として、ともに津久井浜海岸をメインゲレンデとしている国枝信哉選手と須長由季選手の2選手が出席いたしました。是非とも国枝選手と須長選手には、大会で表彰台を狙い、ホームに錦を飾ってもらいたいと思います。

大会期間中は、最高時速70km以上にもなる世界トップレベルのレースを「生」で見ていただきたいのはもちろんですが、マリンスポーツの裾野を広げるためにたくさんのアトラクションをご用意する予定です。また、三浦半島の美味しい食べ物をご提供する場所もご用意いたします。これらめいいっぱいのおもてなしで、6日間の大会期間中に3万人もの集客を見込んでいます。特設ホームページも用意されました。これから大会本番に向けどんどん更新されていきますので、チェックを欠かさないようにしていただきたいです。
特設ホームページはこちら→http://wwcjapan.com/

ウインドサーフィンと飛行機は、一見すると全く縁がなさそうですが、実は、ウインドサーフィンやヨットが進む原理は、飛行機が飛ぶのと同じ原理なのをご存知ですか? 今回、この大会はANAの現役機長の藤本太郎さんの社内提案が発端となっています。ANAさんから大会誘致のお話を一昨年7月に受けてからいろいろな方とのご縁に助けられ、ここまで来ることができました。5月に向け、今後もいろいろな方とのご縁を大切にし、大会をもっともっと盛り上げていきたいと思います。

 

161220_wwcyokosuka02
藤本パイロットを中心に記念撮影
_

161220_wwcyokosuka04
国枝選手、須永選手と

161220_wwcyokosuka05
ANA篠辺社長、藤本パイロットと

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ