活動日記

■ ご存知でしたか?横須賀市の小学生ソフトボールは全国クラスです! ■

2017年5月11日スポーツ・文化

種目を問わず、スポーツの活動の中で全国大会へ出場された時など、市長室にご報告に来ていただくことがあります。昨年度、一番多くお越しいただいた種目は野球・ソフトボールで、計7回にもなりました。

先日、第36回市長杯争奪児童ソフトボール大会の開会式に出席し、始球式をしました。結果は、キャッチャーの頭を超えていくというストライクには程遠いものでしたが、選手の皆さんは小学生にもかかわらず、ストライクをビシビシと決めていく姿を見るたびに感心をしていました。

IMG_7865-e1494450789439

特に、小学生女子ソフトボールの「横須賀女子ソフト」の皆さんには、平成23年に最初に市長室にお越しいただき、全国大会初出場の報告をいただきました。あれから7年経過しましたがその間に、平成27年には全国3位に、平成28年には全国3位と2位と、惜しくも全国制覇は逃してしまいましたが、全国にその名を轟かせる強豪チームとなっています。

横須賀市出身の西山麗さんは、ソフトボールの種目で2008年の北京オリンピックで金メダルを取りました。2020年の東京オリンピックでは野球・ソフトボールの種目が復活します。横須賀市出身の選手が、再び世界で活躍する日もそう遠くないと信じています。

余談ですが、実は、先ほどの「横須賀女子ソフト」の齊藤優季監督から、著書である「クイズでうまくなる 知ってる? ソフトボール」を頂きました。あまりに始球式でのボールがよくなかったからでしょうか(笑)? 全編にわたって「YOKOSUKA」のユニフォームを着た選手が、写真でわかりやすく説明をしてくれています。次回に向け、勉強させていただきたいと思います。
頂いた本はこちら→

_
170506_sofutobouru1

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ