活動日記

■中核市市長会会長に就任しました!■

2017年5月12日首長交流

このたび、先日開催された中核市市長会総会において、48の市が加盟する中核市市長会の会長に選出され就任しましたので、皆さまにご報告いたします。また総会では、塩崎厚生労働大臣から児童相談所設置について情報提供をいただき、石破前地方創生担当大臣から講演をいただきました。
tyuukakusi02

さて、「中核市」についてですが、地方自治体のうち「市」は、その規模などによって「一般市」、「施行時特例市」、「中核市」、「政令指定都市」に分類されています。それぞれ仕事の権限が大きくなっています。横須賀市は平成13年から「中核市」となり、特に児童相談所と保健所を新たに設置していて、それまで県の仕事であったものを、より市民生活に近い位置で行えるようになっています。
tyuukakusi01

そして中核市市長会は、全国のすべての中核市48市で組織していて、中核市が共通して抱えている課題を連携して対応するため、平成17年度に設立されました。現在では、それぞれの課題に対し、分野ごとにプロジェクト会議を開催しているほか、国に対して施策及び予算に関する提言活動などを実施しています。これまでも私は副会長という役員の立場で国への要望などに力を入れて来ました。
tyuukakusi03

中核市市長会会長の任期は2年間となっています。中核市長会会長就任にあたっては、「実りある中核市市長会」とするため、会からの国への働きかけをもっと強めていきたいと考えています。そのために、単なる要望ではなく、どうすれば国の政策と合致するか、あるいは、中核市の現場の現状をどのように伝えるべきか、微力ながら精一杯考え、行動していきたいと思います。

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ