活動日記

■ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会が無事閉幕しました!■

2017年5月18日スポーツ・文化

■ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会が無事閉幕しました!■
~是非また来年も、津久井浜海岸でお会いしましょう!~
5月11日から6日間の日程で行われたANAウインドサーフィンワールドカップですが、無事閉幕を迎えることができました。ただ、ウインドサーフィンは風まかせ。風速4m以上の風が吹かないと競技が成立しないルールでしたので、実際に競技が行われたのは6日間のうち2日間だけでした。競技が行われない日であっても、SUP(スタンドアップパドル)やウインドサーフィンなどマリンスポーツの体験会は非常に盛況で、多くの方に楽しんでいただくことができました。
とは言ったものの、男子に限ると、横須賀大会が今年のワールドシリーズで初めてスラローム競技が成立した大会でしたし、男女とも表彰式まで行うことができたことを考えると、津久井浜海岸のウインドサーフィンのポテンシャルは確かなものであったと思います。
表彰式、オフィシャルパーティーの様子はこちら→
170517_windsurfing02
_
170517_windsurfing03
集客の面でも、6日間の集客目標の30,000人を超え、市内外から約33,000人の方にお越しいただくことができました。
この大会を通じ、横須賀市が自信を持ってお示しすることができることが2つ増えました。一つは、横須賀が初心者の方から、それこそ世界レベルの方まで、マリンスポーツを楽しむことができるフィールドだということです。都心から電車で一時間足らずでこれだけのフィールドをご提供できるのは、横須賀の大きな強みになったと思います。
また、横須賀でワールドカップという大きな世界大会を開催できることを証明することができました。今回、多くの協賛企業をはじめ、地域のボランティアの皆様など非常に多くの方からご理解とご協力をいただき、成功裏に閉幕を迎えることができました。今後はこの貴重な経験を活かし、大規模なスポーツイベントや大会などをどんどん誘致していきたいと思います。
最後に、選手の皆様、PWA、JWA、協賛企業の皆様、そして何よりも北下浦地域の皆様。昨年8月の開催決定からこれまでの間、多大なご協力を頂戴し、誠にありがとうございました。是非また来年も、ここ横須賀、津久井浜海岸でお会いしましょう!
ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ