活動日記

■受動喫煙防止のための取り組みを進めます■

2017年6月6日命を大切にするまち

■受動喫煙防止のための取り組みを進めます■
政策集「選ばれるまち、横須賀を目指して〜人づくりこそ、まちづくり〜」より Vol.1

神奈川県には、受動喫煙防止条例がありますが、まだまだ取り組むべき課題はたくさんあります。
全国では、年間1万5000人も受動喫煙で死者が出ていて、年間3000億円も余計な医療費がかかっている現状がある中で、横須賀市でも取り組めるのは「駅前の受動喫煙防止」です。
私も駅立ちをする中で、副流煙が流れる先をコントロールできずに通学中の小・中学生が被害に遭っている現場をなんども目撃しています。
駅前での喫煙のルールだけでなく、物理的な防止策を取れないか、鉄道事業者と交渉し実現して行きたいと考えています。
現在、受動喫煙防止を目的として法案の扱いが国でも議論されていますが、まずは声を挙げることが大事だと考え、次の取り組みに賛同いたしました。5月24日現在のところ全国の市長で声を挙げているのは私だけですが、市民の健康を守る立場を明確にしたいと思います!

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ