活動日記

■本日から市長選挙がスタートしました!■

2017年6月18日時事・政治

■本日から市長選挙がスタートしました!■
〜インターネットを使える初めての市長選挙です!〜

本日から、これからの4年間の横須賀の道筋を決める市長選挙がスタートします。
これまでの2期8年間の実績が問われる選挙であり、これからの横須賀のあり方を考える選挙であり、時計の針を戻すのか前進させるのかを決める選挙です。

10月14日に3期目の立候補表明以来、様々なことがありました。その皮切りに、翌日の10月15日には、右翼の街宣車が自宅まで来て、100条委員会の告発についてがなりたてて行きました。告発はすべて不起訴になったものの、その後の名刺問題や問責決議・辞職勧告決議など、自分の認識の甘さも原因ではありますが、精神をすり減らすには十分なダメージでした。

けれども、いま、私は元気です。
なぜならば多くの皆さんから信任とお支えをいただき、勇み足や失敗はあったものの、私利私欲なく既得権益に溺れることなく、横須賀のまちの未来のために働いてくることができたことへの感謝の強い思いがあるからです。そして、道半ばの取り組みについて、さらに前へ前へと進めて行く使命感に燃えているからです。

3期目を目指す今回の選挙が、今まで経験した中で一番厳しい選挙になりそうです。正直、1票差の結果となるかもしれないとも思っています。私には、政党のバックもありませんし、ポスターを事前に貼ることもできません。組織的な人員もなければ、お金もたいしてありません。けれども、市民の皆さんを信じる気持ちでは、誰にも負けません。横須賀のまちの将来を決めるのは、政党や組織ではなく、市民の皆さん一人一人だと信じています。その確信が、私の背中を押してくれています。

ぜひ、みなさんのお力をお貸しください。
私は今日から1週間、これまでの実績とこれからの政策と、私の人となりを、多くの皆さんにお伝えしていきます。まちづくりをともにしてきた市民の皆さんへの感謝の気持を込めながら。
今回は組織選挙か、市民選挙か、そういう選択です。組織であれば上意下達の命令系統が働きますが、私には皆さんのお一人お一人へのお声掛けが何よりの応援です。

横須賀のまちの時計の針を戻すのではなく、前に進めて行くために。
1週間、走り続けます!

※インターネット選挙について
インターネットを使った選挙活動が可能になっていますので、フェイスブックやツイッターでも、継続して発信をしていきたいと思います。メールでの投票依頼は、候補者は出来るのですが、有権者の方はできない(≒選挙違反になる)のでご留意ください。

ぜひ、政策集もご覧くださいませ:
https://yuto.net/wp/wp-content/uploads/thirdStagePolicy.pdf

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ