活動日記

■里山再生の活動も始動します■

2017年9月2日水と緑に親しめるまち

里山再生の取り組みとして、全国的な活動に関わることで横須賀に持ち帰ることができるものがあると考え、発起人を務めている団体「里山資本主義コンソーシアム」が企画するイベントのご紹介です。

団体の代表をつとめている瀬戸内ジャムズガーデンの松嶋匡史さんの取り組みを、カフェ形式でお話いただきます。ゲストとして、NHKエンタープライズの井上恭介さんもお越しいただけることになっています。松嶋さんは、山口県周防大島という出身地でもない場所で、電力会社勤務というジャムと関係のない経歴で、それでも単なるジャムを作る活動だけでなく、カフェやギャラリーを開設したり、ジャムの原料となる果実の生産を通じた地域の活性化をはかったり、精力的に活動をして居ます。
井上さんは、「里山資本主義」という言葉を広めた藻谷浩介さんを、NHK広島取材班当時にとりあげて、本も共著で出版されている、里山資本主義のプロデューサー。

松嶋さんのお話は、新しい産業振興という観点からも、地方創生という切り口からも、聞き応えある話になると思います。井上さんからは、さまざまなフィールドを歩いてきた広い視点からのご意見が聞けるのではないかと思います。「里山資本主義」の可能性を強く感じることができるイベントになることは間違い無いと思います。

私も最初から最後まで参加する予定ですので、ぜひ興味ある方がご一緒しましょう! 申し込みは下記のリンクからどうぞ。
http://scc-satoyama-cafe.peatix.com/view

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ