活動日記

■JapanTimesSatoyama推進コンソーシアムの設立について■

2017年11月28日里山里海

本日、「JapanTimesSatoyama推進コンソーシアム」の設立について記者発表を行い、私はその事務局長に就任いたしました。

日本総研の藻谷浩介さん著書の「里山資本主義」が、世に出されて5年が経ち、少しずつその理念を実践される皆さんが増えて来ました。けれども、その活動が個々別々の歩みになりがちで全国的なネットワークや発信の取り組みが成熟しているとは、まだ言えない現状にあると感じています。
私も横須賀で活動している皆さんへの支援は市長時代に行ってきたと自負しているところですが、一方で、全国的なネットワーキングという観点では、市長という立場の性格上なかなか取り組むことができませんでした。
そこで、藻谷さんをアドバイザーとしてお迎えして「Japan Times Satoyama推進コンソーシアム」という団体のを立ち上げるべく、諸々の準備を行ってきましたが、本日その立ち上げのメディアリリースを行いました。
リリースの内容はこちら:
http://www.news2u.net/releases/157456

そのコンソーシアムの活動としては、ジャパンタイムズ社の企画力・発信力をベースに、まずは里山資本主義の実践者をネットワーキングし、活動地域の自治体や関連企業の発信をサポートする、という取り組みを行っていこうと思っています。実践者にとっては、あらたな「関係人口」や支援者との接点や、気づき・学びの機会を得ることができ、自治体にとっては、里山資本主義推進自治体としての認知と、海外からのビジネスパーソン・旅行客への発信(シティーセールス、ブランディング、インバウンドなど)という点で活用できるプラットフォームとなれば幸いです。里山資本主義のプラットフォーマーに育てていきたい、というのが私の個人的な希望です。
https://satoyama-satoumi.net/

新しく立ち上げたサイトには設立趣意書などが記載されていますが、ぜひご一読いただき、新たな支援者となっていただければ幸いです。

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ