活動日記

■日本フィランソロピー協会より企業フィランソロピー賞を受賞しました■

2018年3月5日若者自立支援

今年で15回目となる企業フィランソロピー大賞の授賞式で、少年院等の退院者の自立支援の活動を一緒にしている岡本昌宏が企業フィランソロピー賞「とびたて若者賞」をいただきました。

市長時代にも何度か接点を持たせていただいた日本フィランソロピー協会が主催する「企業フィランソロピー大賞」。社会課題解決のために、経営資源を有効に活かした社会貢献活動を顕彰するため に創設された由緒ある賞で、その「とびたて若者賞」を岡本が代表を務めるセリエコーポレーションが受賞しました。

彼が13年間にわたって、児童養護施設や少年院・刑務所を出た若者の自立支援のために、身元引受けも含めて取り組んで来たことが評価されました。70人以上の若者を引き受けながら、本業を発展させていくことの難しさは想像を超えるものがあります。残念なことに3日で辞めてしまう若者もいたそうですが、先日の「ゆうやくん」のように少年院を出て3年以上続いている若者もいます。

私もNPO法人の関係で、同席とプレゼンテーションに参加させてもらいましたが、そうそうたる審査員のみなさんの顔ぶれに、柄にもなく緊張してしまいました。
これからも、この難しい課題に向き合っていきたいと思います。

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ