活動日記

■お詫びとご報告■(8月17日追記)

2018年7月20日速報

8月17日付のインターネット報道で、私がこの件について書類送検されるという記事を読みました。あらためてお詫び申し上げます。Web上での謝罪だけでなく、共同漁業権が設定されているみうら漁協・初声漁協にも、先日お邪魔して謝罪をさせていただきました。その際のお詫びの文書にも書きましたが、水産資源の回復と漁業の振興に取り組む皆さんの思いを傷つけるものであったと反省しています。この後、司法での判断になると思いますが、誠実に正直に対応していきたいと思います。申し訳ありませんでした。(8/17追記)

本日の新聞報道でお騒がせしていることについて、お詫びとご報告申し上げます。
記事は、私が三浦の海岸で友人とサザエをつかまえていたことについて、警察から事情聴取を受けているという内容でした。

実際に、私の行為が漁業法と県の海面漁業調整規則に違反しているということで、事情聴取を受けているところでして、その事実を全面的に認めて対応をしています。
同行した友人の了解も得たのでもう少し詳細に事実をお伝えしますと、友人の誘いを受けて三浦の海へ行く途中に網とドライバーを百円ショップで購入し、1時間ほど海の中に入りサザエを捕まえていました。海から上がった様子を見た漁業関係者から通報があり、警察から任意の事情聴取を受けるに至りました。
以上が、経緯も含めた事実になります。

今後については警察の書類送検ののち司法の判断を仰ぐことになると思いますが、いずれにしても全て正直にお話をして対応していきたいと思います。

多くの皆さまにご迷惑をおかけすることになり、心からお詫び申し上げます。

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ